重村 尚・略歴
社会福祉主事
健康運動指導士
実践操体法指導者
重村式ダイエット法
E・C・E・トレーニング法考案者

昭和51年4月 「赤羽トレーニングセンター」開業
昭和58年2月 東京ボディビル連盟理事長就任(昭和58年~63年、3期)
昭和58年6月 有限会社なお企画設立、代表取締役就任
昭和58年6月 「レディーススポーツクラブ赤羽」を開設
昭和61年4月 「レディーススポーツクラブ成増」を開設
昭和62年2月 日本ボディビル協会理事長就任(昭和52年~平成2年、2期)
昭和53年2月 レディーススポーツクラブ大泉開設
平成1年2月 成増トレーニングセンター開設
平成3年3月 社団法人日本ボディビル連盟専務理事就任
平成3年3月 アジアボディビル連盟常任理事就任(ジャジーズコミティ)
平成8年2月 社団法人日本ボディビル連盟専務理事辞任
平成7年3月 操体法普及の為に操体法研究会に参加する
平成8月2月 アジアボディビル連盟常任理事辞任
平成8年2月 東京ボディビル連盟副会長就任
平成11年6月 操体法研究会修了証を受領
平成21年3月 東京ボディビル連盟副会長を辞任し、相談役に就任。

平成20年4月 NHK八王子文化センターや光が丘文化センターで操体法の教室を開く
平成25年6月 怪我のためNHKでの教室を断念
 
成功確実かんたんダイエット
   
 
E.C.E.・重村式筋肉強化法
   
 
講習会のご案内
実践操体法講座
重村式ダイエット講座
   
メールでのお問い合わせ
お急ぎの方は 090-4937-5173
お世話になっている方々
いりえ内科クリニック
アパリ・クリニック
朝沼クリニック
あきらめていた痛みの解消と改善で
          あなたに笑顔を!
 

痛み解消センター・シェイプクラブ大泉
東京都練馬区東大泉 4-31-10 よねやビル5F
施術は完全予約制です。携帯 090-4937-5173 にご連絡下さい。
留守電にメッセージを残される際は、①お名前 ②連絡先(電話番号) ③現在の症状(腰が痛い・腕が上がらない・喘息がひどい等)をお知らせ下さい。
外出が困難な方の出張ご依頼には、時間が許す限り応じておりますが、基本的には「痛み解消センター」で施術します。
メールは返信が遅くなることがありますのでご承知おきください。
喘息(ぜんそく)は
 嘘のように簡単に改善します
 

治りにくいとされる喘息も簡単に改善します。現在発作を起こしている状態でも大丈夫です。小児喘息から大人の頑固な喘息まで、あらゆる喘息に驚異の効果を発揮します。通常、1~2回の施術で薬を必要としない生活に戻れます。
 投稿と記事の一覧   
施 術 料
1回につき5.000円+消費税
有効期間が発行日より60日間のお得なチケット(3回で10.000円)もあります。 詳しくは → コチラ
老人ホームで過呼吸を改善させる
電車をご利用の場合
電車をご利用の場合は、西武池袋線大泉学園駅北口を下車して直線距離で673mです。前田橋交差点を目指してください。下の地図は拡大できます。
お車をご利用の場合
お車をご利用の場合は、①パーク王練馬第三東大泉駐車場(41台収容)または ②大泉学園A3駐車場(3台収容)をご利用下さい。
詳しい情報はリンク先ページの一番下にあります→コチラ
Special Thanks 
実戦操体法研究会
トッポギレシピと趣味のウキ操体法
ブログ S0 What
諦めていた腰やひざの痛みを解消し
      快適な生活をお約束します
 

「操体法・そうたいほう」は故橋本敬三先生が提唱した、身体の歪みを正すことで痛みを改善させる身体調整法で、誰でもが簡単に、しかも自力でもできるのが大きな特徴です。
「五十肩や、自律神経失調症、喘息は確実に改善できます。」と言うと、「そんなこと信じられない!」という方が殆どで、残念なことに誰もがお医者さんでなくては「治らない」と思っているようです。
しかし、今の医療は対症療法が基本で、頭が痛ければ頭の検査をし、何も問題がなければ頭痛薬で対応します。膝が痛ければ膝を調べるだけです。場合によっては、数日も効果が続く鎮痛薬を注射されることもあります。うまくいくなら良いのですが、現実はあまり芳しものではありません。痛みの原因が他にある場合も多いのです。
最近は操体法も徐々に浸透してきたようで、これを施術に取り入れた整骨院も多く見かけるようになりましたが、まだまだ腕が伴わない施術者が多いのが現状だと言えます。
当院は、腰痛やひざ痛等の骨格の歪みからくる痛みの解消はもとより、他の施術者が苦手とする五十肩や片頭痛をはじめ、一般の整骨院で扱うことのない喘息や自律神経失調症等の改善にも多くの実績を残してきました。
長年なんの進展もなく、もう「治らない」ものと半ば諦めていませんでしたか? お気楽にご相談ください。実践操体法は頑固な痛みの改善に必ずお役に立てます。
 投稿と記事の一覧   

橋本敬三(はしもと けいぞう)先生:1897年(明治30年)~1993年(平成5年)。
大正10年新潟医学専門学校卒、大正15年秋まで東北帝大「生理学教室」に学ぶ。北海道函館市の民間私立病院を経て、西洋医学から東洋医学へと目を転じ、民間療法から操体法の基礎となるヒントを得る。昭和16年仙台市内に「温故堂診療所」を開業。戦後再び開業し「操体法」を広く紹介。昭和50年代に全国的に注目を集め、各地に操体法が広がる。
著書:「橋本敬三随想集」「万病を治せる妙療法・農山漁村文化協会」「操体法写真解説集・監修、柏樹社」
 
 
   
 ここをクリック
 施術に関して感じたことや近況、ホームページでは語り切れなかったこと、等々を気の向くままに綴っています。施術後記のようなものもありますので、お時間がゆるせば覗いてみてください。なお雑記に出てくる個人や団体は全て了解を頂き掲載しております。
 
 
 

第1巻 基本調整法編 第2巻 症状別調整編 体脂肪は寝て燃やせ!
inserted by FC2 system